子育てアドバイザー 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/05/28 09:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
セラピスト&サポーターさん

2位
いしい あささん
  • 情報提供一緒に歌う 母親偏差値 いしい あささんのプロフィール
  • 保育園や幼稚園で歌を習う。 こどもは家に帰ってからも歌う。 その時に一緒に歌う。 すると、ひとりで歌うより何倍も楽しい。 知らない歌だったら教えてもらう。 こどもは喜んで、何度でも歌う。繰り返し繰り返し歌う。 おかあさんが一緒に歌ってくれたらニコニコ喜ぶ。 大きな声で歌う。元気良く歌う。 歌い続けてもやめさせることはしないで。 一緒に歌う。歌を歌う。

3位
セラピスト&サポーターさん
  • 情報提供昨日までのことはもう忘れちゃおう ネコ人間のつぶやきセラピスト&サポーターさんのプロフィール
  •  今回は「砂漠の流れ者」(1970年)からお話を。西部開拓時代の末期、ケーブル・ホーグ(ジェイソン・ロバーズ)は、仲間のボウエンとタガートに騙され、水なしで独り砂漠に取り残されます。  4日間砂漠を彷徨ったホーグは奇跡的に水を掘り当てて生き延び、そこに駅馬車の中継駅を作り、復讐を果たすためにボウエンとタガードが駅に現れるのをひたすら待ち続けることにします。  この間、ホーグは心優しい娼婦のヒルディ(
4位 まいごのひつじの小谷こずゑさん
  • 情報提供幼児期に「え?こういう人もいるの!?」体験をさせるのは大切 ぽかぽかハートの子守歌❤まいごのひつじの小谷こずゑさんのプロフィール
  • 日本の家庭は核家族化、少子化が進み、また、地域コミュニティで子どもが集まる機会も激減しています。 どうしても、こどもが「家庭」の中に埋もれてしまい、多様な人と接する機会がなくなっていますね。家族は趣味や嗜好、感じ方考え方の類似性が多く、同質性が高いと言えます。それに対して、幼稚園・保育園では「びっくり!!」するほど自分とは違う人が存在します!幼児期には「自分は大切な存在である」「自分は愛され
5位 セラピスト&サポーターさん
  • 情報提供「パリ市庁舎前のキス」 ネコ人間のつぶやきセラピスト&サポーターさんのプロフィール
  •  本日5月23日はキスの日だそうですね。そういうわけで、今回はロベール・ドアノー「パリ市庁舎前のキス」(1950年)。  彼の代表作ですね。色んな媒体にこの写真が使われているので有名です。パリの恋人たちの姿を写した一枚ですね。 ロベール・ドアノー「パリ市庁舎前のキス」(1950年)"1950 KISS BY HOTEL DE LA VILLE Robert Doisneau Rolleiflex" Photo by Ur Camerassource: https://flic.kr/p/ACRZX5  キスを
更新時刻:17/05/28 09:30現在